チョリソの家

2週間ほど前、アルゼンチンに旅してきた。

ブエノスアイレスには、1997年にウォン・カーウァイのHappy Together(日本語題「ブエノスアイレス」)を観て以来、ずっと憧れていた。青と緑に染まるジメジメと湿気た夜の街並み。ヨーロッパの面影はあるけど、忘れられた孤独な空気。そこにぽつんと、寂れた壁によりかかり、深夜を待つ美男子。その孤独を攘うのか、深夜とともに熱く踊り狂うタンゴダンサー…

時間とともに、私の記憶は妄想に移り変わっていく。

happy-together

さて、リオから乗った飛行機はもうすぐ着陸する。空から見下ろすと、ブエノスアイレス周辺の森林は、ブラジルの深緑の濃密な森とは異なり、茶色と緑のさらさらした森林。先月まで冬だったためか、静けさが伝わってくる。

着陸後、タクシーに乗って宿までお願いする。車の窓から流れていく街並みを眺める。ヨーロッパの街並みに似ているが、南国のように屋上テラスがかなり多い。夏は暑いのだろうか。運転手さんにきいてみる。夏は40度まで上がると答える。冬はどうか。冬は寒い、5度と10度の間と答える。そうだ、ブエノスアイレスは日本と同じ温暖湿潤気候だ。

宿に着く。宿といっても朝食のようなサービスはなく、短期レンタルの部屋と考えた方が良い。

ベルを鳴らすと、マネージャーのフラヴィアが門を開けて、迎えてくれる。門の先は、なんと細長い日陰の路地だった。左側は壁、右側は2〜3階建の長屋が並ぶ。建物の中に町がさらに広がるような感じで驚いた。まるでアラブ国の旧市街カスバの雰囲気を感じさせる。外面はヨーロッパだけど、中は北アフリカ!どこに来たのかわからなくなって楽しくなってくる。スペインはかつてアラブ文明の領域だったことから、建築もアラブ文明に影響されていて、それがさらに南米に渡ってきたということだろう。

casa-chorizo1-1

この先はどうなっているのだろう。この時点ですでに興奮しすぎている自分。奥まで進むと、やがてパチオ(中庭)にたどり着き、そこにはなんとバナナの木が元気良く伸びていた。やはり外側はヨーロッパで、中身は異国。

私が借りる部屋は3階だった。バナナの木を囲む階段を上っていくと、各階に部屋が並んでいて、どの部屋もパチオに面していた。

casa-chorizo2-2

casa-chorizo4

3階にたどり着くと、隣の敷地も見晴らせる。辺りはどこもこの細長い構造になっている。上から見るのが楽しい。

casa-chorizo3

初めて見るこの独特な住宅タイポロジーはcasa de chorizo(カーサデチョリソ、日本語で「チョリソの家」)と呼ばれ、ブエノスアイレスの特徴的な間取りだそうだ。チョリソとはソーセージのことをいうが、この国では長いものはなんでもチョリソというらしい。例えば、レストランでもBife de chorizoというディッシュがあり、それはソーセージのステーキではなく、牛の長細い部分のステーキを示すのだ。

部屋に案内してもらう。なんて気持ちの良い部屋!工夫に溢れて、開放的で楽しい間取りになっている。

casa-chorizo6

casa-chorizo7

casa-chorizo8

実はこの宿の大家さん、エミリオは建築の勉強をした方で、この長細い敷地の奥の部分を買い取り、自分のスタイルで全部修復している。見事な出来上がり。どの部屋にも屋外スペースがあり、どの部屋にも床と天井に段差と素材の遊びがあり、日本の建築を思わせるところもある。木の柱やフローリング、窓のサッシなどは廃棄された鉄道の部品をリユーズするなど、アンティークが生み出す温かみを感じる。

一階に住んでいるエミリオと話してみると、なんと階段や壁や天井も、ご自慢の手作り!手間暇かけて作った建物で、その熱意と想像力と愛情が伝わってくる。どの部屋も個性的で、居心地が最高。作家もよく本を書きに、ここに3ヶ月、6ヶ月ほど滞在しにくるようだ。それほど気持ちのよい、仕事が捗る空間なのだ。

マネージャーのフラヴィアも、実はイタリアのナポリ出身で、ブエノスアイレスに旅できたはずが、この宿に泊まり、この宿に惚れ、もう一切この宿から離れたくなくなったのがブエノスアイレスに住み着くきっかけとなった。

私もいつの間にか、ブエノスアイレスの観光どころか、部屋に居座って作業や読書に夢中になっていた。それくらい魅力的な環境だったわけだ。

Votre commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l’aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l’aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l’aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l’aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s